サイト別!ロールスクリーンおすすめランキング

top > ロールスクリーンとは > 調光タイプのロールスクリーンが人気です

調光タイプのロールスクリーンが人気です

ロールスクリーンと言えば、「開けておく」か「閉じておく」か、どちらか一方しか選択できないと考えている方はいませんか。
ロールスクリーンと言えば、手軽に開け閉めできることが可能です。
とはいえときには、「程よく外の光をカットしたい」「光を通したいけれど、外の目線は遮りたい」という気持ちになることもあるでしょう。
近年では、こんな要望にも応えられる調光タイプの製品が人気を集めています。
この製品の仕組みは簡単で、二枚の生地を重ねてスクリーンにしてあることで、両者を動かし、光の量を調整することが可能になっています。
少しだけ光を通したいというときも、全開にしたいというときも、すぐに対応することが可能です。
適度に目隠しできるので、バスルームや洗面所など、外からの目線が気になる場所にも、積極的に採用できることでしょう。



連なっている小窓にもお勧めのロールスクリーン

現代では、「せっかく注文住宅を購入するなら、外観もオシャレにしたい」と願うのは当然のことだと言えるでしょう。
住まいはもはや「家族が中で生活できれば良い」というものではありません。
いかにオシャレで洗練された雰囲気を、周囲に対してアピールするかが重要な問題になってきています。
このため、外観デザインを良くするための小窓を導入する方も増えてきています。
細長い窓や小さな小窓を、いくつか並べて配置するスタイルを目にした経験がある方も多いはずです。
確かに見る分にはオシャレですが、目隠しについても真剣に考えておかなくてはいけません。
こうした場合でも、スッキリと見せてくれるのがロールスクリーンです。
サイズオーダーで注文すれば、どんなに小さい窓でも対応可能です。
カーテンのように、邪魔になることもありません。
早めに手配しておくと安心できます。



賃貸住宅でも設置できるロールスクリーン

デザイン面でも機能面でも申し分ないロールスクリーンですが、「賃貸住宅には導入しづらい」というデメリットが存在しています。
多くの賃貸住宅では、カーテンレールはすでに設置されていることが多いです。
しかしロールスクリーンの設置が前提となっている物件は、まだまだ多くはありません。
しかしこうした場合でも、洗濯するロールスクリーンを絞り込むことで、手早く設置が可能になります。
カーテンレールが設置されている場合は、そのレールを利用して金具を取り付けられるタイプのスクリーンを選んでください。
またレールの設置がない場合でも大丈夫です。
窓枠内に突っ張り棒のような装置を取り付けることで、壁面を傷つけずにスクリーンを設置できる商品もあります。
賃貸住宅では、原状回復義務があるため、好みの空間づくりを諦めてしまう方も多くいます。
しかしこの方法を使えば、窓辺の印象も自由自在に変えられます。

次の記事へ