サイト別!ロールスクリーンおすすめランキング

top > ロールスクリーンとは > 使いやすいロールスクリーンの選び方

使いやすいロールスクリーンの選び方

 室内の窓にカーテンやブラインドを付けている家庭は多いです。過剰な陽の光を遮ったり、温度調節をしたりするために、カーテンやブラインドは大きな役割を果たします。しかし今はカーテンやブラインドではなく、ロールスクリーンを選択する家庭も多くあります。近年は昔の家屋と違い、幅の細い窓が多くなりました。カーテンでは対応しにくかった幅の細い窓の遮光に、ロールスクリーンはとても人気になっています。他にもロールスクリーンには様々な利点があります。
例えばカーテンよりも圧迫感がなく、部屋の見た目がすっきりとします。またロールスクリーンは陽の入り方や好みに合わせて、窓の途中まで下げるということが可能です。カーテンも途中まで締めるということは出来ますが、やはり見た目はだらしなく見えてしまいます。

  ロールスクリーンは店舗だけではなくネットでも手軽に購入出来ます。自宅の窓の幅や高さに合わせたロールスクリーンをオーダーメイド感覚で購入できるので、利用している方は多いでしょう。しかし使いやすいロールスクリーンを購入するには、いくつか留意する点があります。まずはロールスクリーンの巻きズレについてです。巻き上げる際、どうしても左右で偏りが出てしまう場合があります。ロールスクリーンの構造上仕方ない事でもありますが、やはりロールスクリーンの上げ下げをするたびにズレが生じるのは、日常生活でのストレスになります。
巻きズレが起こりにくく、尚且つ巻きやすい製品の選び方は、やはり実際に試すのが一番です。店舗では実際に巻き取りを試せる場合がありますが、ネット購入では実際に試せません。事前にそのネットショップ製品の口コミや製品の情報を調べておく事が大切でしょう。

 もう一つは、ロールスクリーンのウェイトバーに関してです。ロールスクリーンの下部には、少し重さのあるバーが設置されています。ある程度の重みがある事で、風によるスクリーンの吹き上がりを防止するものです。安価な製品の中にはこの重りがない製品や、あったとしてもとても軽く、あまり効果を発揮していない製品があります。ウェイトバーが機能していないと、ほんのわずかな微風であってもロールスクリーンが風で舞い上がってしまいます。
風でロールスクリーンが動くたび、部品が壁や窓に当たって音を立てるのも、日常生活ではストレスになります。製品の中には静音タイプのロールスクリーンも販売されています。ウェイトバーの有無や重さ、静音機能などを気にして製品を選ぶことも大切だと言えるでしょう。

次の記事へ