サイト別!ロールスクリーンおすすめランキング

top > ロールスクリーンとは > ロールスクリーンは窓以外にもお勧めです

ロールスクリーンは窓以外にもお勧めです

カーテンの代わりに、よりシンプルな印象のロールスクリーンを設置する方も多くいます。
近年では色やデザインも自由自在で、機能性にも優れたものが人気を集めています。
生地を丸めて収納できるロールスクリーンは、狭いスペースでも設置できる点が魅力の一つです。
こうした特徴を活かして、窓以外でも設置する方も増えてきています。
中でも多いのが、リビング階段の気温対策に間仕切りとしてスクリーンを設置する方法です。
遮熱効果の高い生地を選択することで、温めた熱や冷めた熱を逃がすことが少なくなります。
また押し入れやクローゼットの目隠しとして設置するのもお勧めです。
扉と比較するとローコストで隠す収納が実現できます。
自分の好きな色で空間コーディネートを楽しむのも良いでしょう。
インターネットでもロールスクリーンはオーダー可能で、自宅のサイズを測って注文すればピッタリの物が出来上がります。



高機能のロールスクリーンが人気です

窓は、外の気配を伝えやすい場所です。
室内にいて、外の音や熱の影響が気になる際には、窓のリフォームをすると効果的だと言われています。
とはいえリフォームには多額の資金が必要となります。
「そこまではできない」という場合には、より手軽に高機能のロールスクリーンを設置すると良いでしょう。
ロールスクリーンの中でも、最近人気が高いのは遮熱性能をアップさせた商品です。
特殊な布地をスクリーンにすることで、窓から届く熱を遮断してくれます。
また防音効果が高いものも人気を集めています。
繁華街や幹線道路沿いなど、音が気になるエリアにはぜひ採用してみてください。
高機能の製品は、窓よりも少しサイズを大きくして、全体を覆うように取り付けると高価を実感しやすくなります。
オーダーで好きなサイズにすることも可能なので、どんな家でも採用可能です。



賃貸だけどロールスクリーンを設置したいときには

ロールスクリーンは、カーテンよりも窓辺をすっきりと見せてくれるアイテムとして人気を集めています。
省スペースでの設置が可能なので、スペースが限られる賃貸住宅でも、非常に便利に活用できます。
しかし最初から設置されていない場合には、「自分で穴をあけるのが不安」ということもあるでしょう。
賃貸住宅の場合、そこに住む人は、「退去時に最初の状態に戻す」ことが求められます。
もし壁や窓枠に穴をあければ、当然修復料金を請求されてしまうでしょう。
こんな理由でロールスクリーンの設置をあきらめている方も多いのかもしれません。
しかしこんなときでも、穴をあけずに突っ張って設置するタイプであれば、安心して設置できます。
また既存のカーテンレールを利用して、スクリーンを取り付けられる製品もあります。
窓辺の印象を、手軽にスタイリッシュにできることでしょう。

次の記事へ