サイト別!ロールスクリーンおすすめランキング

top > ロールスクリーンとは > ロールスクリーンは狭い部屋にぴったり

ロールスクリーンは狭い部屋にぴったり

調光や外からの目隠しのために、窓にはカーテンを付けるのが一般的ですね。
様々な柄やデザインがあるカーテンは、部屋を明るく見せてくれたり、スタイリッシュに見せてくれたりと、インテリアのアクセントに一役買っています。
しかし、大体のカーテンが布を左右に手繰り寄せて留めておくスタイルですので、窓の左右に僅かなデッドスペースができます。
一人暮らし用のワンルームや狭い部屋だと、空間を効率よく使うことが過ごし易い部屋作りに繋がります。
カーテンによるデッドスペースを無くすためには、調光や目隠しをロールスクリーンによって行うのが良いでしょう。
ロールスクリーンは、窓の幅のスクリーンを上げ下げして調光をします。
よって窓の左右にカーテンによってできるデッドスペースは存在しません。
部屋が狭くてインテリアの置き場所に困っている方は、ロールスクリーンを採用すると良いでしょう。



ロールスクリーンはDIYで取り付け可能

窓辺をスッキリと見せたいときに、ロールスクリーンは非常に便利なアイテムです。
近年では、華やかなデザインや高性能なものも、インターネットを通じてお得な値段で購入できるようになっています。
カーテン代を節約したいという方にも人気が高まっていますが、「いったいどうやって取り付ければ良いのか」と悩む方も多くいらっしゃいます。
取り付けには手間がかかるように感じますが、実は非常に簡単です。
スクリーンのサイズに合わせて、部品を二つ、もしくは三つ、好みの場所に取り付け、あとは本体をカチッと組み合わせれば設置が可能になっています。
女性でも作業できる内容なので、自分でやってみるのがオススメです。
本体を激安で購入し、自分で取り付けることができれば、工賃はかなり抑えられることでしょう。
サイズのオーダーが可能な商品も多いので、どんな窓でもスッキリと見せられます。



ロールスクリーンをオーダーする際のポイントとは

ロールスクリーンは、インターネットでも手軽に購入できる時代になっています。
お得なタイミングを見計らって、オーダーでロールスクリーンを購入するという方も珍しくありません。
とはいえ、自分自身でサイズを測って購入するときには、「本当に間違えないかどうか」と不安を感じてしまいがちです。
こんなときに、頭に入れておきたいコツを紹介します。
まず大切なのは、ロールスクリーンをどう設置したいのかを決めることです。
窓を覆うように取り付ける場合には、窓を覆えるサイズで好きなように決定して大丈夫です。
あえて大きめの商品にすることで、小さな窓も大きく見せられる効果があります。
窓枠内に設置するときには、窓枠のサイズから少し小さめにオーダーしましょう。
このほか、天井につけることもありますが、この場合はきちんと下地が入っているか、確認しておくと安心です。

次の記事へ