サイト別!ロールスクリーンおすすめランキング

top > ロールスクリーンとは > ロールスクリーンの注意するべきポイント

ロールスクリーンの注意するべきポイント

ロールスクリーンについては、スクリーンを本体に内蔵されているスプリングによって巻取った上で昇降させています。
そして、巻取り方式に関しては、プルコード式やチェーン式の2つに大きく分けられています。
また、ロールスクリーンの注意していくべきポイントとしては、スクリーンを横につなぎ合わせていくことが出来ませんので基本的にはスクリーンの企画幅や製作可能寸法に関しては200cmまでであることがほとんどとなっています。
当然ながら、それよりか広いスクリーンも存在しているのですがかなり数については限られてきてしまうでしょう。
なお、1間半(270cm位)ある窓の場合には、2台に分けていく必要が出てくるでしょう。
したがって、個人宅においてこうした窓につけていく場合には、2台に分けていく方が使い勝手が良い場合が多くなっています。



デザインにこだわってロールスクリーンを選ぼう

ロールスクリーンは、直射日光を遮るために欠かせないインテリアの一つですが、この頃はデザイン性豊かなアイテムが続々と登場しており、室内の雰囲気を浴するうえで大きな役に立ちます。
特に、温かみのあるカラーのロールスクリーンは、インテリアショップやホームセンターなどで売れ筋商品として扱われることがあり、各商品の魅力を理解するうえで、積極的に店舗探しをすることがおすすめです。
また、ロールスクリーンの正しい使い方を覚えるためには、ある程度の時間が必要となりますが、なるべく初心者でも気軽に使えるアイテムを選ぶことが効果的です。
その他、デザインの選び方を重視するにあたり、オーダーメードのアイテムを購入できる店舗を賢く選ぶことが肝心です。
その他、窓の大きさに合った商品を選ぶうえで、いくつかの商品を比較することがポイントです。



部屋の調光にロールスクリーンが良い理由

部屋の調光を行うために、カーテンを使用している家庭は多いでしょう。
カーテンは、調光や部屋の保温のためのインテリア用品として最も普及していると言えますが、カーテンにはデメリットもあります。
それは陽の角度に合わせて、カーテンの開閉を調節できないということです。
カーテンは中途半端に開けるとだらしない印象を与えてしまいます。
その点ロールスクリーンは中途半端に開けてもだらしなく見えませんし、陽の落ち方に合わせて上げ下げできます。
またカーテンは、ある程度窓の幅がないと設置できませんが、ロールスクリーンは窓の幅を選びません。
最近は外観のおしゃれや防犯のために、細長い窓を採用している家屋も増えてきましたね。
そんな細長い窓ではカーテンだとしっくりこないことがありますが、ロールスクリーンなら良い感じに収まります。

次の記事へ