サイト別!ロールスクリーンおすすめランキング

top > ロールスクリーンとは > ロールスクリーンの取付施工までお願いできるのか

ロールスクリーンの取付施工までお願いできるのか

 ロールスクリーンは既製品も販売されていて、窓枠や設置する場所に応じてサイズを選んで購入することができます。しかし、ぴったりと合う製品を見つけるのは難しいことです。そのため、窓枠よりも少し大きいものにして取り付けをするという人もいます。しかし、これを専門の業者に依頼をすることによって、採寸から微調整をしてもらい、取付施工をしてもらうことができます。例えば、インターネットで依頼ができるインテリアショップゆうあいというところがあります。
ここでは、ロールスクリーンの本体だけを販売するところではなく、専門取付業者を派遣してくれるため安心して購入をすることができます。現在は関東や東海で展開をしています。一番の特徴としては、しっかりと固定をして取り付けをしてくれるという点です。

 当たり前ですが、ロールスクリーンは長さが増すごとに重たくなります。そのため、壁などにしっかりと固定をする必要がありますが、壁材によっては特別な加工をする必要があります。そのため、コンクリートや鉄骨の場合には別料金がかかりますが、きれいに取付をしてもらうことができます。もちろん、製品によって重さも違うため一概に言えませんが、しっかりと固定をしていないと落下したり、破損の原因になるので、高いところなどに設置をするのであれば、専門業者に依頼をして行うことが必要です。ちなみに料金としては、1台から3台までは一式21000円になっています。取付をする台数が増えて12台設置すると28000円になります。そのため、取付施工を依頼するときには、数か所を依頼することでメリットがあります。

 そして、ロールスクリーンには種類があり、その部屋の雰囲気や必要な機能を選ぶことができます。例えば、和風なものやすだれ調のものもあり、自然な印象を与えることができます。そして、一般的なものでは単色系やプリント柄も選ぶことができ、部屋の印象を大きく変えることもできます。其れだけでなく、機能性を持たせたものも用意されていて、遮光のものは寝室やプライバシーを守りたいところに使えます。もちろん、透過性も変わってくるので、そのあたりも比較をしながら決めることが大切です。
それ以外にも幅広タイプも販売しています。そして、無料で見積もりをしていて、大手製品のニチベイやトーソーなどを指定して見積もりを出してももらうことができます。その時には、幅や長さを指定することになります。ちなみに、ホームページで見てもわからない部分あるため、生地サンプルももらうことができます。そのため、色や質感などを比較して、じっくりと考えて購入ができ、取付設置もしっかりと行ってもらうことができます。

次の記事へ