サイト別!ロールスクリーンおすすめランキング

top > ロールスクリーンとは > ロールスクリーンとブラインドの違いって?

ロールスクリーンとブラインドの違いって?

 日よけとして使われるものの中には、ロールスクリーンとブラインドがあります。その中で、それぞれ特徴があり、間取りや用途に合わせて使い分けることができます。そして、ロールスクリーンに関してはロール状になっているためすっきりとした印象になります。
そして、設置する場所もカーテンがしてあるところや仕切りにも使うことができます。そして、ブラインドに関しては、光が入る量の調整ができるため、オフィスなどで使われていることが多いです。最近は、一般家庭でも設置をするところが増えていて、カラーバリエーションも豊富になっています。そのため、設置をするときには塚貝を理解したうえで選ぶことが必要になります。ちなみに、サイズもいろいろとあるので、その点も間違えないように購入をしなければなりません。

 ロールスクリーンは、初めにもあったようにカーテンがついていた位置のほかに、目隠しとしても使うことができます。例えば、脱衣所にある洗濯機などはあまり人に見られたくありません。そのため、洗濯機が置いてあるスペースにロールスクリーンを設置することによって、すぐに隠すことができます。しかも、必要な長さで止めることもできるため、とても便利です。そして、スクリーンのデザインも単色のものもあれば絵が描いてあるものもあります。
そのため、自分の好きなデザインのものを選んで設置ができます。しかも、狭いところにも付けられるようになっているため、幅をしっかりと把握して購入することが大切です。ちなみに、風を受けるとカーテンよりも風を受けやすいため全体がゆらゆらと動くため、窓を開けるときには注意が必要です。そして、巻取りも自分の手で調整ができるチェーン式と巻き取るときはばねの力で終えるプルコード式があります。

 ブラインドは、ロールスクリーンと違い光の量を調整できます。羽の部分を調整できるようになっているため、好きな角度で止めることができます。もちろん、ブラインドを上下させても角度が変わらないため、その都度調整をする必要がありません。
もちろん、その日の天候などに合わせて調整ができるため便利です。特に、パソコンがある部屋などに設置している人が多いです。ちなみに、カラーバリエーションとしては単色のものが多くなっています。そして、ロールスクリーンもブラインドも共通する点としてはオーダーメイドでサイズを指定することができます。そのため、既製品ではサイズが合わなければ窓枠の外に付けるのですが、オーダーメイドではサイズや長さを指定できるため窓枠にぴったりと合わせることができます。