サイト別!ロールスクリーンおすすめランキング

top > ロールスクリーンとは > ロールスクリーンで快適生活を実現

ロールスクリーンで快適生活を実現

布を巻き上げる形で使用するロールスクリーンは、いろいろな場所に使用でき、意外な活用法があります。
部屋の間仕切りとして使用する場合、ウォーキングクロゼットや収納コーナーなどの目隠しとして使うことができます。
急な来客の時など、乱雑な部分を簡単に隠すことができるので便利ですね。
その他にも、吹き抜けの箇所に取り付ければ、冬の寒さ対策として活用できますし、部屋の中や階段下などを区切って、空調の効果を高めることもできます。
冷暖房の節約になりますし、使わない時は巻き上げておけば良いので邪魔になりません。
 また、定番のカーテンとしての使い方ですが、オシャレな雰囲気を演出することができ、おすすめです。
レースのカーテンとの組み合わせも、とても素敵ですよ。
カーテンよりも、部屋全体の印象がスッキリし、全面を開けることも途中で止めておくこともでき、光度の調整もスムーズです。
また、猫などのペットを飼っている場合は、いたずらされない程度に巻き上げておけるので助かりますね。



日除けにロールスクリーンを採用する際の利点

窓に日除けとしてカーテンを設置している家庭は多いです。
調光や室温の保つためなどにカーテンはとても便利ですが、ロールスクリーンにはカーテンにはない利点があります。
まず一つは、カーテンよりもコンパクトに収めることができるということです。
カーテンは左右の窓の端に布を手繰り寄せるため、その分収納に場所をとり、人に圧迫感を感じさせます。
その点ロールスクリーンは窓の上部に設置するので、圧迫感を与えず窓の横のスペースを有効活用できます。
また、カーテンだと完全に締めるか開けるかのどちらかしか選択肢がありません。
中途半端に開けたままだと、だらしなさを感じさせます。
ロールスクリーンは窓の上部だけを覆うという使い方もできます。
日の入り方によってスクリーンを上下して調節できるので、カーテンにはない便利さがあります。



ロールスクリーンを利用する利点

窓に付けたり、空間を区切りたいときなどに便利なロールスクリーンですが、日本の家では、窓にはカーテンというご家庭も多く、ロールスクリーンは会社などに多いというイメージが強いですが、うまく使えば色々な利点があります。
まず、カーテンを付けづらい横幅の狭い窓の場合、ロールスクリーンの方が便利な場合があります。
カーテンは、左右に仕切る形になりますが、こちらは上下に仕切られるので、上を少しだけ閉めて下から光を取り入れるといったこともできます。
また、規格品が多いカーテンと違い、始めからサイズを注文して作ることが前提となっているので、特注の窓などに着けたい場合などはカーテンを特注するよりも安く作れることも多いです。
自分のお気に入りの写真をプリントしたスクリーンを作成してくれるサービスもあるので、オリジナリティーを出したいときにっもピッタリです。

次の記事へ